特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバーのアマチュア無線とは何?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/26

アマチュア無線のトランシーバーが販売されていますが、これを利用するメリットがあるのか疑問に持たれる人は少なくありません。

では、電話やインターネットと比較してアマチュア無線はどのようなものなのかをここでは触れていきます。

ネット・電話と比べても費用が非常に安いのが魅力

まずアマチュア無線の注目すべきポイントの一つが非常に安いことです。トランシーバーなどを購入する必要がありますが、後は多少電気代がかかるくらいで他に費用はかかりません。

一方、電話は初期工事費がかかりますし電話機の購入さらに通話するたびに電話代を取られてしまい、インターネットもスマートフォンやパソコンの購入に加えて通信費も支払う必要があります。そのため、無線は金銭的に余裕のない学生などの趣味として始めることがほとんどでした。その趣味が大人になっても続いて、高齢になってもしている人も少なくありません。

特に、日本ではこの無線の利用者がずば抜けて多く、無線大国と海外の無線利用者からもリスペクトされているほどです。

実際に、日本国内では趣味で無線を利用する場合、アマチュア無線技士(1級~4級)を取得しておく必要がありますが、その資格取得者は年々増加しており、今ではおよそ350万人もいると言われています。世間では余り知られていないようですが、この数値から分かるようにかなりの利用者がいるのです。

世界中の人々とコミュニケーション

では、なぜ日本国内でアマチュア無線に嵌まるようになったかというと、その魅力の一つは無線を通じて世界中の人々と繋がることができることです。それはインターネットでも同じことですが、コミュニケーションの取り方が大きく違います。

インターネットの多くは文字によるやり取りがベースとなりますが、無線の場合は会話がベースとなります。さらに、世界中の誰とどのように繋がるか分からないと言う偶然を頼りにしているところが、かえって魅力的になっているのです。

一期一会の繋がり、運命的な繋がりを感じやすいところはアマチュア無線ならではだと言えるでしょう。また、先ほども述べたように使用する料金はほぼかかりません。そのうえで海外の人々と会話することができるため、学生が外国語の勉強をするのに無線を利用されるケースもあります。

災害のときでも情報を発信することが可能

基本的にほぼ趣味の範囲でしか利用されることのないアマチュア無線ですが、それでも活躍できるときがあります。それは大地震や台風などの災害時で、インターネットや電話は回線が切れたり電源が落ちてしまうと利用できなくなってしまいます。

しかし、無線は電源がなくても利用することができ、さらに世界中に発信することができるので、もしものときの通信手段として使う人もいるのです。もちろん、発信するだけではなく受信する人も必要となるため、アマチュア無線を趣味にしている人の多くは、大きな災害があったとき一番にトランシーバーの前に向かいます。

 

アマチュア無線は安い費用で世界中とコミュニケーションが取れるため学生からスタートすることが多く、災害などにも利用されることもあります。決して利用者は多くはありませんが、だからこそ、アマチュア無線の利用者は特別な信頼関係で結ばれている一体感があります。

それはインターネットや電話と言ったコミュニケーションツールでは得られることのできない感覚の一つであり、無線の魅力でもあるでしょう。最近では、トランシーバー販売はインターネットサイトなどでも扱っているところも少なくありません。

もしも、興味を抱いた人はそちらで購入してみて実際に利用してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トランシーバー・イヤホンマイク販売サイトランキング!
記事一覧