特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

介護施設でトランシーバーが使われる?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/31

トランシーバー販売業者に製品の宣伝をされても、介護施設では使用用途がないからいらないと考える人もいるかもしれません。

しかし、トランシーバーは運営側にとっても利用者にとってもあると便利なアイテムなので、使い勝手の良いものを選び出して導入してみましょう。

 

どんなシーンでトランシーバーを活用できるのか

トランシーバーは持ち運べる通信アイテムなので、介護施設でも様々なシーンで活用できます。最も単純な使い方として挙げられるのが、施設全体あるいはその一部に向けた館内放送です。

例えば、利用者や従業員全体に対して注意を呼びかけるときにトランシーバーから連絡すれば簡単でしょう。館内放送設備が整っている施設ではマイクが設置されている部屋があり、館内放送をしたいときにはその部屋まで行かなければならないのが一般的です。

しかし、従業員がトランシーバーを持っていればわざわざその部屋まで行く必要はありません。トランシーバーからの連絡はイヤホンで受信する形にもできるので、業務連絡のために使うこともできるでしょう。

従業員に受信用のイヤホンを常に装着していてもらい、連絡事項があったらトランシーバーで発信するという形で運用が可能です。業務連絡が施設内に響き渡ることがなくなり、静かで過ごしやすい環境を作り上げられるでしょう。もう少し具体的な事例として、入浴介助への活用を想定することができます。入浴が終わったら次の人に交代することになりますが、その連絡をトランシーバーで行えばスムーズに入れ替わることができるでしょう。

また、訪問介護ステーションでもトランシーバーを有効利用することができます。訪問先の家庭にトランシーバーの受信機を設置しておき、訪問する直前になったらトランシーバーで連絡を入れることが可能です。事前に準備しておいて欲しいものなどを連絡しておけるので、スムーズに訪問先で仕事を始められます。

介護施設では仕事が忙しくて辛いという声がよく上がっていますが、トランシーバーは業務を効率化して残業を減らすのに役立つアイテムだと考えられるでしょう。うまく運用できる体制を整えれば従業員の負担も減り、利用者もより快適に過ごせる施設を作り上げられると期待できます。

 

用途に応じて業務の邪魔にならないものを選ぼう

通信手段として邪魔にならないものを選ぶのが介護施設では重要になります。ヘルパーの人のように身体介助をする人の場合には手に持って使うタイプのトランシーバーは使い勝手が悪いでしょう。

例えば、ヘルパーの場合には衣服に取り付けられるマイクや、イヤホンの受信機が適しています。高齢者の送迎をする運転手の場合にはハンズフリーで使えるトランシーバーが便利です。

端末の小型化が進んでいるので装着していてもあまり気にならないものが増えています。携帯電話やスマートフォンを持つよりも気にならず、専用機械なので通信したいときにも簡単で使い勝手が良いでしょう。

 

購入するなら十分に比較して決めよう

トランシーバーを介護現場に導入してみようと考えたら、十分に比較して決めるのが大切です。どの種類のトランシーバーを導入すれば現場で運用しやすいかを考えるのも重要ですが、どの業者に依頼して購入するかも検討する必要があります。

業者によっては本格的な導入前に無料で貸して試用させてもらえるサービもあり、本当に現場で役に立つのかを確認することも可能です。業者によってラインナップにも違いがあるので、一通り商品を見てみた上でどの業者に相談するかを決めましょう。

 

介護施設では館内放送や業務連絡を代表として様々な場面でトランシーバーを活用できます。トランシーバーの運用を始めることで業務効率の向上に寄与できるのに加え、施設内の環境を改善して利用者にとって快適な場所を提供できるようにもなると期待できるでしょう。

購入するときには現場で邪魔にならない仕様のものを選び出すのが大切です。トランシーバーの製品と購入する業者を十分に比較してから手配を始めるようにしましょう。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
トランシーバー・イヤホンマイク販売サイトランキング!
記事一覧