特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

携帯電話販売とトランシーバー販売は何が違うの?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/15

社会にとって通信のインフラは大事です。

時代と共に方法やツールは移り変わって来ましたが、通信が一般市民の暮らしとビジネスパーソンのお仕事を支えている事は確かであり、今日ではスマートフォンやタブレットが主な機器になりました。

一方で良い意味で流行とは関係なく重宝されているのがトランシーバーです。

トランシーバーは今でも現役の製品であり、需要は低下しておらず、むしろニーズが高まっています。

スマートフォンは街のお店で契約と入手が可能

携帯電話を購入するためには、街のキャリアの専門店に行かなければいけません。

大手携帯電話会社が店舗を設けています。

最近は地域に関係なく、お店が設けられており、最新型のスマートフォンやタブレットの契約が可能です。

魅力的な機能と素晴らしいデザインを持つ新しい機種が安価な値段で手に入ります。

キャリアごとに契約プランには違いが見られるので、事前によく比較検討しておきたいところです。

取り扱っている製品についても、販売元によって違いがありますので、このメーカーの新製品が欲しいという希望がある方は事前に取り扱いの有無を調べておきましょう。

契約プランによって維持費は異なります。

使い放題のプランを契約すると月額料金は高めになりますが、一方で通信費が掛かる作業をしても定額の維持費で済みます。

一方で普段、あまりお仕事や生活で携帯電話を利用しない方は定額のプランは不向きです。

それよりも維持費の安価な内容を選ぶ方がお得になります。

ただ月額料金は安価な場合でも数千円は掛かり、年単位で見るとなかなかのランニングコストです。

トランシーバー販売店で入手、専門店やネット通販店で

トランシーバー販売はスマートフォンやタブレットの契約とは異なり、自由度が高いです。

今現在では専門店とネット通販の二つの方法で主に販売されています。

スマートフォンやタブレットとは違い、街中の普通の店舗では手に入りづらく、入手を考えている方は事前によく情報を得ておかなければいけません。

契約に関しても違いがあり、トランシーバー販売店に行き欲しいモデルを選び買うだけです。

月額料金の支払いや、キャリアの会員になるような作業はありません。

家電製品の購入に比較的近く、これはネット通販で手に入れる際も同じです。

トランシーバー販売店はネット上にも多く用意されており、店舗ごとに種類や値段に違うところが見られます。

同じトランシーバー販売店でも店舗ごとにラインナップが違いますし、アフターフォローにも違う点がありますので、初めて購入する場合はサービスが良い場所にしましょう

スマートフォンとは違い、同時に複数購入しても維持費は安価ですし、契約による縛りがないので選択の自由の幅が広くなっています。

手軽に使える携帯電話、緊急時に役立つトランシーバー

スマートフォンやタブレットの購入の方が色々な手続きと本人確認書類等が必要で、手間取ります。

もちろん必要な事なので仕方ない部分がありますし、多種多様なアプリが利用できる製品であり、コンピューターの代わりとして考えれば安価です。

しかし維持費が年間で数万円かかるのがネックなので、純粋に緊急連絡用のツールとして別途準備するには不向きといえます。

反対にトランシーバーは年間電波の維持費に数百円が必要です。

バッテリの交換に別途費用は必要ですが、携帯電話に比べると頻度は少なく、その費用も安価です。

購入に掛かる手間も少なく、違約金や機種変更の手続きなども不要となります。

日常的な連絡用にはiPhoneやiPad、災害や緊急時の大事な連絡用にはトランシーバーといった風に使い分けるのがオススメです。

iPhoneやAndroidといった製品は基地局の電波を一度介して通信をします。

身近なお店で買えて、利用者が多いので安心感がありますが、大規模な通信障害が起きた時や災害等で基地局が壊れた時、突然使えなくなりますので、機器同士で直接通信するトランシーバーの方が緊急時には信用がおけます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧