特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

【トランシーバー販売】初心者におすすめなのはどんな機種?

公開日:2018/12/01  最終更新日:2019/06/18

携帯電話の電波が届かないような場所でも使用可能なトランシーバーですが、登山やキャンプといったアウトドア・レジャーはもとより、イベントや工事現場、災害時にも大活躍する重要ツールです。

しかし種類も様々で、初めて購入する際、どれを選んだらよいのか迷われるかもしれません。

そこで今回は、初心者の方におすすめの機種について、様々な方向から分かりやすくご紹介致します。

 

免許不要でも使用可能なトランシーバーの種類

トランシーバーは様々な場面で活躍する便利なアイテムですが、その種類も様々で、中には免許が必要なものもあります。

ここでは、免許不要でも簡単に使用できるものに絞ってご紹介していきます。

「特定小電力トランシーバー」は、比較的安価で、試しに一度使ってみたいという方には大変おすすめで、免許申請はもとより登録申請もいりません。

ただ出力が「10mW以下」と小さいため、近い距離間での連絡や電波の短い場所に向いており、コンパクトなので持ち運びやすく、イベント会場やレストラン業務の連絡等、様々なシーンで使われています。

「デジタル簡易無線局(登録局)」は、簡単な登録手続きをすれば誰でも無資格で使用可能なトランシーバーです。

出力が「最大5w」で、特定小電力トランシーバーよりも広範囲で使用することができ「秘話機能」を使えば通話内容を第三者に聞かれず、重要なやりとりの際にとても安心です。

「IP無線機」は、携帯電話の電波網を使用する通信サービスで、携帯電話の電波が入るエリアであれば日本全国どこでも通話ができます。

毎月の通信料が発生してしまいますが、通信距離が広いというメリットがあり、マラソンなどのスポーツ大会や大きなイベント、高層ビル全体や地下での利用等におすすめです。

 

トランシーバー購入のポイントについて

トランシーバー購入の際のポイントは、まず業種や使用するシチュエーションを具体的に思い浮かべ、それに合ったものを選ぶことがとても重要です。

但し機種によって出力や電波の飛距離が異なるため、地下やフロアを挟んだ通信の際等、利用される環境に合ったものを選ぶことも忘れてはいけません。

これを怠ると電波が安定せずに通信が途切れる場合があります。

また、リーズナブルかつ手軽に購入できるネット販売のトランシーバーもおすすめですが、可能であればネットの情報のみで簡単に判断して購入するのではなく、できるだけ実際にトランシーバー販売店を訪ね、実際に実物を見てから判断することをおすすめ致します。

専門知識のあるスタッフに対面で説明を受けながら実際に触ってみて、納得した上で購入するのがやはり一番安心と言えます。

あまり良心的でない販売店に当たってしまうと、売れ残り商品を購入させられてしまう場合があるため、その点では十分注意が必要です。

購入の際のトラブルを回避する意味も含め、購入者自身による情報収集や知識の把握も、トランシーバー購入の際の重要ポイントと言えるでしょう。

 

初心者の方におすすめのトランシーバー販売店はここ!

株式会社コンパスが運営するトランシーバー販売サイト「Blue century」は、自社サイトだけでなく、アマゾンや楽天市場内等にもサイトを持つとても信頼度の高いトランシーバー販売店です。

品質の高いトランシーバーを取り扱っている上、価格も業界最安クラスで、自社製トランシーバーをはじめ「ケンウッド」「八重洲無線」といった他社製トランシーバーも多く取り扱っています。

特筆すべきは、自社製トランシーバー「BC-20」がトランシーバーランキング1位を何度も獲得していることです。

ビジネスやレジャーの他、お子様へのプレゼント等、実に多くの目的で利用されています。

なお、自社製品は長年付き合いのある中国の生産工場で製造しています。

製造コストを抑えながら高品質な商品を提供している秘密は、生産工場との良好な関係にあるようです。

さらに、同店ではトランシーバー販売の他、調理・清掃家電・AV機器・マッサージ機・エステ機器といった他機器の販売も取り扱い、耐久性の高い自社製のスーツケースも主力商品となっています。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧