特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバーの通話距離はどれくらいまで届く?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/02/25

トランシーバー販売店に行く前に疑問点は解消しておくべきでしょう。

例えばトランシーバー購入時によく聞かれるのが「どのくらいトランシーバーは届くのか」といったことです。

これはトランシーバーの機種等によっても変わりますが目安はあります。

ここではそんなトランシーバーについて詳しく紹介していきます。

 

気になるトランシーバーの通話距離について知ろう

トランシーバーによっては10km以上軽く届くものもあります。

こうしたトランシーバーは重かったり高かったりして個人的に利用するのは難しいこともあります。

トランシーバーは障害物によって通話距離が変わるので気をつけておきましょう。

通常のトランシーバーの場合、通話距離はせいぜい数キロ程度です。

小型のトランシーバーの場合1kmいないでないと通話できないこともあります。

このようにトランシーバーによって差がありますから、これからトランシーバーを購入する際にはケース・バイ・ケースで目的に応じたものを選んでおきましょう。

もしも悩んでしまったらトランシーバー購入時に相談することもできます。

ちなみにトランシーバーの通話距離はいろいろな工夫で伸ばすこともできます。

例えばアンテナの方向を気をつけるとともに、時間帯によってもトランシーバーの性能は変わります。

アンテナ改造キットなどを購入してトランシーバーの通話距離を変えることも可能です。

このような通話距離はかなり複雑ですから専門家のアドバイスを聞くのが大事です。

 

通話距離以外にも理解しておきたいことは多い

通話距離はトランシーバーの性能の一つでしかありません。

他にもトランシーバーを購入する際にはトランシーバーのシグナル精度も見ておきましょう。

もしシグナルがかなり乱雑だと会話もままなりません。

通話距離がいくらあっても会話がしっかりできないようなトランシーバーはやはり使いにくいものです。

トランシーバーを購入する際には合わせて専用ケースなども購入しましょう。

トランシーバーによってはかなり付属品などが充実しているものもあります。

また、トランシーバーが手にフィットするかも大事なポイントです。

機種によってはかなり大きいものもありますが、手に収まらないようなトランシーバーだと落として壊すこともあるかもしれません。

こうしたことも合わせてチェックしておきましょう。

 

トランシーバーは壊れることもけっこうある

購入したら安全に使用しておきたいところです。

特にトランシーバーは結構壊れることがあります。

例えば、落とすことでトランシーバーが壊れることもありますし、使いすぎて壊れることもあります。

トランシーバーはかなりデリケートなものですから利用する際には説明書通りに利用しましょう。

他にトランシーバーは雨などにも弱いです。

機種によっては防水対応しているものもあるものの、やはり精密機械であることには変わりません。

もしトランシーバーが雨などで使えなくなったら早く販売店に持っていって対応してもらいましょう。

購入したら手入れも大事です。

トランシーバーの手入れをする際にはボタン部分などを重点的に掃除しておきましょう。

 

購入する際にはトランシーバーの性能についてチェックしておきましょう。

トランシーバーによってはかなり性能が異なることもあります。

また、かなりシグナルが強いトランシーバーだからといって良いわけではありません。

ケース・バイ・ケースで目的に応じたものを選んでおきたいところでしょう。

他にもトランシーバーを利用する際には壊れないようにしておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧