特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバー販売店に行くなら「どのような用途で使うか」を決めてから!

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/15

離れた場所の人と連絡を取るため、携帯電話を使うという方法があります。

しかし、携帯電話では操作性などで不便な時もあるでしょう。

そんな時におすすめなのがトランシーバーという道具です。

トランシーバーはイベントなどで連絡をする時に便利ですし、1人から大勢に連絡ができるというメリットもあります。

トランシーバー販売店に行く時のポイントをチェックしておきましょう。

 

トランシーバー販売店で販売されている商品の特徴

携帯電話が普及した現在でもトランシーバーという道具が使われることはあります。

その仕組みや特徴、用途などをチェックしておきましょう。

トランシーバー販売店ではさまざまな商品が取り扱われています。

アマチュア無線になると免許が必要ですが、中には免許がなくても比較的安く利用できる商品もあります。

トランシーバーは周波数を利用して通信を行う道具です。

免許なしでも使えるものは400MHzに設定してあり、その周波数を利用することで離れた人と会話ができるという仕組みです。

しかし、遠く離れた人と通信するためには法律によって厳しい制限があるため、免許なしで使えるものだと使用できる範囲が狭くなることを知っておきましょう。

トランシーバーを利用する用途として、イベントや登山、災害発生時などが挙げられます。

また、オートバイを運転している時など両手が自由に使えない時などにも便利な道具です。

ちなみに、トランシーバーは使う前にチャンネル設定やグループ設定を行うことにより、特定の相手と連絡が取れるようになるのです。

トランシーバーの種類をチェック

一般的に使えるトランシーバーには2つの種類がありますが、それぞれのトランシーバーによって特徴が異なることを知っておきましょう。

特定小電力トランシーバーは免許が無くても扱えることが特徴です。

出力が小さいので近距離の連絡に向いており、学校行事や小規模のイベント運営などの用途で役立ちます。

市街地なら100~200m、郊外ならば1~2㎞程度の連絡に使えます。

グランドなど障害物が無いところなら問題なく使うことができるでしょう。

特定小電力トランシーバーは家電量販店やホームセンターなどで販売されています。

これらのトランシーバー販売店で購入すればすぐに利用できる便利さも大きなメリットです。

デジタル簡易無線トランシーバーは出力が高いため、広い範囲で使えることが特徴です。

また、秘話機能がついているため、他人に聞かれたくない会話ができることもポイントです。

デジタル簡易無線トランシーバーは市街地でも0.5㎞から1kmの間で会話ができますし、郊外ならば1~4kmの間で会話できます。

デジタル簡易無線トランシーバーは専門のトランシーバー販売店などで取り扱われています。

トランシーバーの用途を確認する

トランシーバーは比較的短距離での通信を目的とした道具ですが、いろいろな用途が考えられます。

トランシーバー販売店で商品を探す場合、まずは使用する用途を決めましょう。

用途によって最適な商品の種類が異なってきます。

トランシーバーが使用する電波は光の性質に近いため、建物などの障害物があると電波が届きにくくなります

距離が離れるにつれて電波は弱まってしまいますし、通信しにくくなってしまいます。

そのため出力の低いトランシーバーだと遠距離の連絡には向いていません。

もちろんグランドなど障害物がなく見通しの良い場所で使用する場合、出力が低くて手軽に使える特定小電力トランシーバーでも良いでしょう。

通信距離が長い場合やより確実な連絡が必要な時などはデジタル簡易無線トランシーバーがおすすめです。

上空や地上高30m以上の高所で使いたい場合、上空利用可能な商品を選ぶ必要があります

デジタル簡易無線トランシーバーは外部アンテナを使うことができるため、基地局を中心に半径10kmくらいの移動局と交信することもできます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧