特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバー販売サイトを利用するメリット・デメリット

公開日:2019/01/15  最終更新日:2019/06/18

無線機の一種であるトランシーバーを導入する方法としては、そのものを購入する方法とレンタルで借りる方法がありますが、日常的に使うのであれば購入が断然お得です。

一方でトランシーバーを売っているお店は限られており、購入するのであればトランシーバー販売サイトを利用する方が用途にあったものを手に入れることが出来るメリットがあります。

そもそもトランシーバーとはなに?

トランシーバーは無線機の一種で、送受信することができる携帯可能な小型無線機のことを指します。

古い時代における無線機は送信機と受信機に分かれており、据え置き型のものですがトランシーバーは持ち運びができる小型化されたものでバッテリーにより作動します。

一方でトランシーバーは無線機ですので電波を使用するものです。

電波は厳密に管理されており出力が高いものは、登録申請や免許申請が必要になります。

一般的に広く使われているトランシーバーは、特定小電力と呼ばれる10mW以下のもので、通信範囲も100メートルから500メートルです。

工事現場やお店など限られた場所で使うのであれば、このタイプで十分に使うことができます。

一方でそれ以上の範囲を利用する場合で1kmから3kmを使用範囲とした最大出力5W以下のトランシーバーは登録申請が必要で、電波使用料を支払わなければなりません。

またトランシーバー形式の携帯電話とも言えるものがIP無線機で、こちらは携帯電話の電波を利用して加入者同士であれば、いつでも通信することができ、対応エリアも加入するキャリアの電波の受信範囲であれば全国どこからでも通信を行うことができるものです。

トランシーバー販売をしているお店は?

トランシーバー販売をしているお店は、家電量販店と無線機販売店があります。

そもそも無線機は電気製品としては特殊なものですので、専門店が都市部の電気街に多く見られたもので、家電量販店などでは免許申請や登録不要な特定小電力タイプのトランシーバーをホビーユースとして販売しているものでした。

しかし、現代では無線通信の手段に携帯電話が使われるようになり、家電量販店ではあまり見かけなくなっており、また無線機販売店の数も減っています。

その一方で増えてきたのがトランシーバー販売を行うサイトです。

トランシーバーの需要そのものは今もあり、日常的に無線通信を行う必要がある工事現場やお店などで使われています。

また従来のトランシーバーは機械に向かって話すものですが、インカムタイプも増えています。

それと海外で生産された安価なトランシーバーも販売されるようになっていますが、それらさまざまな機種を自由に選ぶことができるのが、トランシーバー販売サイトのメリットといえます。

反対にデメリットは遠い場所のお店から購入することになるので、修理などの依頼がしにくいといったことが挙げられます。

トランシーバー販売サイトのメリットとデメリットのまとめ

トランシーバー販売サイトのメリットは、さまざまな機種を豊富に選ぶことができるということです。

トランシーバーといっても軽量を売りにしているものやバッテリーの持ちを売りにしているものなどがあり、それぞれに導入するさいに求められるニーズに合わせたものを手に入れることが可能ですし、また大量に購入するさいにも迅速に手に入れることができます。

それと登録が必要な場合の代行業務も行ってくれますから、出力の大きなものも手軽に導入することが出来ます。

デメリットとしては、遠いお店から購入することになるのでアフターケアではやや不安が残ります。

故障した場合などの修理などは時間が掛かることになります。また消耗品を購入したい場合にも、送料が掛かることになるので、ランニングコストが割高になるケースもあります。

ただ身近にトランシーバー販売を行っているお店がないような場合には、サイトを利用して通販で購入する方が、都市部まで買いに行く必要がありませんから、割安にトランシーバーを導入することができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トランシーバー・イヤホンマイク販売サイトランキング!
記事一覧