特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

腕時計型トランシーバーのメリットとは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/30

トランシーバー販売店には、それこそ通信が必須となる業界関係者が訪れるのでしょうが、腕時計型トランシーバーなども取りそろえているため個人も利用しています。異なるタイプを比較してみれば、腕時計型にはさまざまなメリットがあることも分かります。

腕に装着できるタイプも販売されている

本体を購入するだけで、イヤホンマイクにベルトクリップまで付帯されているので、電池を入れるだけですぐに誰でも通信用として使用できるのがトランシーバーの魅力です。ビジネスユースやレジャーユースはもちろん、探偵気分に浸れるのなら、子どもへのプレゼントにも購入できるため、通信手段ではあるものの、その用途の広さも話題のようです。

トランシーバー販売店において品定めするなら、電波法令で定められる技適マークを取得している製品を選ぶことにより、無線局の免許を保持していない初心者も使えますからチェックしてみましょう。実際に使用してみれば、その通信できる距離にも驚くのではないでしょうか。

また、腰にセットして、手に持って通信するスタンダードなタイプだけでなく、もっと気軽に使える代物としてピッタリなのは「腕時計型」です。従来の手に持つタイプと比較してみれば、違ったメリットがたくさんあるようです。

アクセサリーなどが不要となるコスパのよさ

トランシーバー販売店においては、腕に着けて利用できる従来のものも人気なのですが、比較してみれば、装着する手軽さがあります。どのようなトランシーバーでも手で操作をするのですが、腰にセットするよりも通信までのスピードは圧倒的に早いでしょう。もたつくこともありません。

また、トランシーバー販売店では、アクセサリーも販売しており、従来のものにはそうしたツールも必要になり、費用の問題もあるでしょう。また、従来ならばストラップで首にぶら下げたり、腰にセットしているはずです。大きな動作が必要になり、すぐに通信を始めるには慣れが必要でしょう。

ですが、誰もが馴染み深い腕時計型なら、腕を口元に持っていくだけで通信ができます。緊急性を加味しても、迅速な対応が求められるシチュエーションに活用できそうです。腕時計型なら使い勝手を理解するまでが早いのもウリでしょうし、どちらにしても、医療や介護業界、流通やイベントなど、さまざまな業界のスタッフに用いることができます。

おしゃれというデザイン性もメリット

アマチュア無線ならば免許が必要ですが、トランシーバー販売店では、なくても利用できる腕時計型もあります。ちなみに、免許なしで使えるものは400MHzという周波数で利用することができます。市街地なら100m~200mの近距離に対応、出力が小さいことから、運動会や遠足などの学校行事にも使用できますし、何よりも身軽です。

従来のものと比較して、腕時計型トランシーバーのメリットはジャマにならず、機能性も劣らず、加えておしゃれなデザインがたくさんある点です。登山や災害発生時、連絡をするときに1人から大勢に連絡ができるというメリットもあります。

流行りとなるサバゲーにも活用できるでしょう。もちろん、従来のものなら両手が使えないシチュエーションで便利な通信ツールです。ちなみに、腕時計型としてメリットをあげるなら、携帯電話を使うよりも通話料を安く、要件も素早く伝えられる点でしょう。

 

トランシーバー販売店には、従来型となる製品のみならず、腕時計型トランシーバーも取り扱っています。腕時計型としてのメリットはどこにあるのかといえば、手軽に、しかも素早く通信ができる点でしょう。

また、トランシーバー販売店には本体のみならず、アクセサリーなどのカスタマイズツールもあるため、そうしたツールを不要とするのも、気軽に使ってみたいユーザーに支持されているようです。価格や使い勝手など、さまざまなメリットがあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トランシーバー・イヤホンマイク販売サイトランキング!
記事一覧