特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバーがよく聞こえない場合はどうすればいい?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/17

通信手段として用意したトランシーバーが、よく聞こえないのならば、利用する価値はないと感じるでしょう。こちらでは、よく聞こえない状態に対する対処方法を説明するので、通信に困っているのならお読みください。

また、どうしても解決できないときのために、買い換えのコツも紹介したいと思います。

 

利用場所を変更することで解決することも

トランシーバーはあらゆる条件の下で、同じ実力を発揮してくれるものではありません。そのため利用する場所が悪いと、トランシーバーがよく聞こえないという状態になってしまいます。

その場合は利用する場所を変えることで、解決できる場合があるため、とりあえずでも試してみることをおすすめします。通信しながら移動をすれば、通じやすい場所と通じにくい場所の把握もできるでしょう。

 

突然よく聞こえなくなった場合は故障を疑う

これまでちゃんと通信ができていたトランシーバーが、突然よく聞こえない状態になったのなら故障したのかもしれません。もし保証期間が残っているというのなら、交換や修理の対応をしてくれるのでメーカーに連絡を取りましょう。

ただし保証書が必要となるので、なくしていないことをきちんと確かめてから連絡するとよいです。初期不良でよく聞こえない場合は、面倒なことになってしまう可能性があります。それは購入したトランシーバーの性能で通信状態が悪いのか、初期不良で通信状態が悪いのか判別するのが難しいからです。そのため性能が悪いものを買ってしまったと感じていても、実は初期不良が原因で、その機械だけ通信状態が悪いのかもしれません。

もし購入したトランシーバーが商品説明よりも、機能が劣っていたのなら初期不良を疑いましょう。初期不良なのかと確かめたい場合はメーカーに自身が所有するトランシーバーの状態を伝えれば、正常に動いているかどうか教えてくれます。ちなみに初めから不具合があった場合は、修理ではなく交換をしてくれるケースが多いです。そのため初期不良が分かったのならメーカーではなくお店に相談をしてみましょう。

すぐに返品手続きを行ってくれて、新しいトランシーバーに交換をしてもらえるはずです。ただし交換対応は購入して自宅に届いてから、一週間程度の期限が設けられている場合があります。従って通信状態が悪いのなら、届いてからすぐの不具合確認をおすすめします。

 

スペックが低いのが原因なら買い換えを

初期不良や故障ではなく、性能が低いことが原因でトランシーバーがよく聞こえないのなら解決方法は買い換えることです。トランシーバーはいろいろなメーカーが販売しているため、その中から通信距離が長いものを選びましょう。

通信距離が長いものならば遠くはもちろん、近くもよく聞こえるので、満足できるトランシーバーを手に入れられるはずです。ちなみに製品に記載されているスペックを信じて購入すると、またよく聞こえないという状態になるかもしれません。

そのため載っているスペックはすべて信じずに、実際に利用している方の口コミやレビューを参考にして、それぞれの製品を比較・選定をしましょう。そしてメーカーの説明ではなく、トランシーバー販売店のスタッフがホームページなどに記載した、より詳しい説明を読むのもよいでしょう。

 

トランシーバーがよく聞こえない状況は、場所や故障が原因の可能性があるので、それぞれに適した対処を行うようにしましょう。いろいろやっても解決ができないのなら、所有しているトランシーバーのスペックが低いせいかもしれません。

その場合は買い換えることが一番の解決方法なので、評判のよい機種の購入を検討しましょう。スペック以下の実力しか発揮しないものもあれば、スペック以上の実力を発揮してくれる機種もあるので、きちんと比較することが大切です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧