特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバーのアンテナの重要性

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

携帯電話と違い、どれだけしゃべっても通話料がかからないうえ、電波が届くエリアなら一度に沢山の人へ発信できるのがトランシーバーの強みです。

そして、トランシーバーではアンテナもとても重要になっていますが、どのように大切なのか、様々な角度から見ていきましょう。

 

このパーツの性能で受信感度も変化する

免許が必要なアマチュア無線でも、トランシーバータイプのハンディ機器はありますが、特定小電力トランシーバーなら免許不要で使えます。トランシーバーもテレビやラジオと同様にアンテナで電波を受信しているため、このパーツは非常に重要となっており、その性能によって交信品質も変わってくるのです。

そして、特定小電力トランシーバーの場合、免許が要らないぶん出力などは抑えられているので、アンテナの位置も重要性を帯びてくると思います。例えば、交信地点間の遮へい物は極力減らした方が良いため、相手がどの方向にいるのか把握している際は、その方角を向いて話すのが大切だと思います。

向きによっては自分自身の体が電波の障害物となってしまい、アンテナの受信感度を下げる場合があるからです。相手が近くにいるなど、電波が安定して届く範囲なら関係ないかもしれませんが、電波が届くか届かないかの状況では、多分違ってくるでしょう。

 

選ぶ時は長さもしっかり比較しよう

とても重要なパーツですから、トランシーバー販売店で特定小電力トランシーバーを買う時は、アンテナが長い製品を選びたいところです。ショートタイプや本体内蔵タイプは携行性で有利ですが、交信性を考えるなら、20㎝程度のロングタイプをおすすめします。

長さによっても受信感度は違いますから、できるだけ遠くの人と交信したい場合は、この点にもこだわって購入製品を選んでみてください。特定小電力トランシーバーは比較的リーズナブルな価格から販売されていますが、格安製品だとやはりこのパーツの性能も低いと思います。

もちろん一概には言えないかもしれませんが、交信品質を重視するなら、ある程度の価格帯から選んだ方が賢明といえるでしょう。その際に重宝するのがトランシーバー販売店のランキングサイトであり、人気の通販ショップを比較すれば、高品質モデルをお得に買える場合が少なくありません。

いずれにしても、アンテナと受信感度、それに価格などもしっかり比較して購入するのがベストです。

 

技術基準の適合認定に関しても重要なパーツだった

本体はそのままでも、利得に優れたアンテナへ換装するだけでも受信感度の向上が期待できるため、交信品質を高めたい場合は、取り替えてしまうのも上策かもしれません。

とはいえ、技術基準の適合認定を受けた特定小電力トランシーバーは、製品をその状態で使うことが、ライセンスフリーの条件になっています。ですから自分でパーツなどを交換してしまうと、免許不要の特権も破棄することになるので注意が必要です。

その意味でも装備されているアンテナは極めて重要な存在ですから、特定小電力トランシーバーのままで使い続けたい時は、交換などは行わないでください。そのほか、交信距離を延ばしたい際はアンテナの位置も重要なので、できるだけ高い場所に移動しますと、低い場所で交信するよりは遠くの人と話せる筈です。

 

アンテナは交信距離や受信感度などに大きく影響するため、トランシーバーにとっては重要性の高いパーツです。また、特定小電力トランシーバーをライセンスフリーの状態で使うなら、アンテナの交換は不可能と考えておいた方が良いでしょう。

そのため特定小電力トランシーバーを買う時は、アンテナの長さなどもしっかり比較して、購入製品を選ぶのが肝心です。とくに、できるだけ遠くの人とコミュニケーションしたい場合は、このパーツが20cm前後はあるロングタイプも理想的だと思います。

そして、買う時はトランシーバー販売店のランキングサイトを使い、価格なども入念に比較しておくのがおすすめです。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
トランシーバー・イヤホンマイク販売サイトランキング!
記事一覧