特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバーの使い方とは?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

トランシーバーは携帯ができる無線用の通話機器として現在でも広く普及しています。持ち運びができる通信機器の代名詞でもある携帯電話とは仕組みが異なるのが大きな特徴です。トランシーバーの性能を知り、上手に活用する方法を学びましょう。

 

トランシーバーの定義と使用に適した環境

トランシーバーは無線機の一種と誤解されていますが、実際は無線機とは仕組みが大きく違います。トランシーバーは送信機であるトランスミッターと受信機のレシーバーが一体化している機器です。

通常の無線機は電波を中継させる大掛かりな設備が必要なうえに、利用する際は免許の取得が必要など様々な制約があります。また、使用できる電波の周波数も制限されているので、手軽に使うには不向きです。

一方でトランシーバーは場所を問わず使うことができる他、使用については免許や電波の周波数の固定といった制約がありません。誰でも手軽に使うことができるのがトランシーバーの大きなメリットです。

トランシーバーは本体で電波の送受信を行う仕組みになっています。そのため、中継基地が必要な携帯電話が繋がらない地域での使用が最適な使い方です。

また、トランシーバーは複数の機器に向けて一斉に電波を送信することができます。機器を持つすべての人と情報を共有することが可能なので、広い敷地内で複数の相手とやり取りをするのに便利です。

 

同じトランシーバーでも機器によって性能は異なる

トランシーバーは機器どうしで直接、電波の送受信を行うことから携帯電話が圏外になってしまう場所でも快適に使うことができます。他の通信機器が使えない場所で活用するのが上手な使い方ですが、同じトランシーバーでも機器によって性能が異なるので用途に合わせて最適の物を選ぶことが大切です。

トランシーバーを比較する際は電波の強さや操作のし易さなど、利便性を重視するのが最良の一台を選ぶ秘訣になります。トランシーバーはその性能から他の通信機器が使えない環境で用いられることが多いので、迅速に操作ができることと確実に電波の送受信ができることが重要です。

安価な製品は電波の出力が低く、遠くまで飛ばせないので注意します。また、周波数を細かく調整できないと相手側の送信をキャッチできません。機器の比較は価格やメーカーの知名度よりも、快適に使えることを第一に考えるのが失敗しないコツになります。

 

良質な製品を買うための販売店選び

トランシーバー販売を手掛ける会社は多く、近年では通販業務を手掛ける会社がインターネット上で販売窓口を開設するケースもあります。工事現場やイベント会場、山地など様々な場所で活用できるのがトランシーバーの魅力ですが、機器の故障など万が一の事態に見舞われた際は適切なフォローが不可欠です。

トランシーバー販売を専門に行っている所なら機器の修理に詳しく、必要な部品の調達も迅速に行ってくれるので安心して利用することができます。その一方でトランシーバーの専門会社は少ないので、利用できる機会が限られているのが欠点です。

複数の通信機器を扱う会社はトランシーバー販売の専門会社と比べるとアフターフォローの質は下がってしまう傾向がありますが、その一方で複数の通信機器を使い分ける方法には長けているので、不測の事態に備えた対処法を学べるのがメリットです。

通信販売を行っている会社の中には故障したトランシーバーを宅配で受け取って修理を行う所もあるので、機器を購入する際はアフターフォローの有無も重要な選択肢になります。

ネットオークションのように個人から直接購入する方法は最も安く済ませることができるのが利点ですが、機器の故障といったトラブルには全くフォローしてくれないのが普通なので注意が必要です。

また、稀にお金だけを受け取って機器を渡さない悪質なケースもあることから、よほど信頼している相手でもない限り、個人と直接のやり取りを行って入手するのは避けます。

 

トランシーバーは携帯電話が圏外になる場所でも問題なく使用できるうえに、無線機のような特殊な免許も不要なので非常に便利です。一定の範囲内での使用に留まりますが、複数の相手にまとめて送信ができるなど、トランシーバー特有のメリットもあります。

トランシーバーの使い方は他の通信機器が使えない際の補助であったり、複数人と頻繁に情報をやり取りするなど多彩です。機器によって対応する周波数や出力の強さ、価格などが違うので、目的に合わせて選ぶのが快適な使用に繋がります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧