特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバー購入時の選び方とは?特徴を知ろう

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/09

トランシーバー販売店には、たくさんの種類、価格、デザインのトランシーバーが取り扱われています。

購入時に迷うのならば、どんな選び方であれば納得や満足できるのでしょうか。

製品の特徴を知り、じっくり比較してから購入するのがベストな選択です。

 

使う目的や環境を考えてから購入する

トランシーバーの種類もさまざまで、初めて購入するときに迷われるかもしれません。購入するときには、製品の特徴を知ることだけでなく、業種や使用するシチュエーションを頭に浮かべてから店舗に足を運ぶことが重要です。

また、気になっている製品についてリサーチしておくと、目移りすることもなく、自分の目的に適した製品のみを比較することができます。もちろん、手軽に購入できるネット販売もおすすめですが、できればトランシーバー販売店に足を運び、実物を見て、特徴を理解し、購入なのかレンタルなのかなどの入手方法を判断しましょう。

トランシーバーの種類も豊富で、トランシーバーも機種によって、価格・デザイン・機能なども異なります。比較すべきは「使えるか否か」です。出力や電波の飛距離によって地下やフロアを挟んだ通信、屋外と室内を挟んでなど、利用できる環境も製品によって異なります。

「どこで使うのか」という使用目的や環境だけは明確化させておきましょう。ですから、専門知識のあるスタッフとの対面販売で説明を受け、異なるメーカー品と比較し、納得できれば購入するのが安心です。

 

小規模エリアでのトランシーバーの選び方

初心者の場合には、通信販売より実店舗となるトランシーバー販売店をおすすめします。目利きができない可能性も視野に入れた選び方として、品質の高いトランシーバーを取り扱っている店舗で、品質重視で選りすぐってもらいましょう。

価格も気になる点ではあります。ですから、他社製より安価に提供できるオリジナル製品を取りそろえているトランシーバー販売店を利用してみましょう。

また、初心者の購入時の選び方としては、免許が必要なのかという点に絞ってみることも大事です。小さなエリアでの通信ならば、出力も小さく小型のトランシーバーでも十分機能しますし、免許も不要です。

それでいて、乾電池1本で1日使用できます。バッテリー内蔵タイプでは重量も気になる点ですから、選び方では軽さもポイントにおきましょう。やはり、実物に触れることはこうした比較ではメリットといえるのではないでしょうか。

 

室内外で使える代物なのかを比較する

トランシーバー販売店には、特定小電力トランシーバーも取り扱われています。こちらは比較的安価で、試験的に使ってみたい人におすすめです。もちろん、免許や登録申請も不要です。出力は10mw以下と小さく、近距離での連絡手段に適しています。

しかし、屋外と室内との通信ができない製品もあるようで、屋外と室内を挟んで使用したいのであれば、デジタル簡易無線局を比較してみましょう。誰でも資格なしで使用できるのが特徴です。

出力も最大5w、特定小電力トランシーバーと比較しても広範囲で使用することができます。それでもどちらにするか迷ったら、通信機能に着目してみましょう。秘話機能のあるトランシーバーならば、重要なやりとりでも安心です。

初心者からプロまで、購入してから失敗に気づかないよう、通信の安定性や耐久性、保証内容についても実店舗のスタッフから話を聞いておきましょう。

 

トランシーバーを購入したいのなら、まずは、通信販売より実店舗を利用しましょう。選び方や特徴などをアドバイスしてくれるスタッフが籍をおきます。

購入時の選び方として、第一に使用目的を明確化させなければなりません。通信できる距離の問題や免許や登録申請が必要になる製品もあるからです。もちろん、手に取って、使い勝手や軽さを体験することもでき、いろいろな製品から比較することもできますから、実店舗を利用しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トランシーバー・イヤホンマイク販売サイトランキング!
記事一覧