特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

貴方も使うべき!トランシーバー販売サイトを利用すべき人

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/18

現代では携帯電話の普及によって、昔と比べるとトランシーバーを利用するということが少なくなっています。

一方で、携帯電話よりもトランシーバーを利用した方がメリットのあることも多くあり、仕事に合わせて使い分けることが、作業や経費を抑えるという面で意味があることです。

またトランシーバーを導入するさいには購入とレンタルの選択肢があります。

そもそもトランシーバーとはなにか?

トランシーバーは英語で「transceiver」を表記し、送信機を意味する「transmitter」と受信機を意味する「receiver」から作られた造語です。

そもそも無線は登場した時には送信機と受信機が分かれているものでしたが、それらを一体化した無線機を指します。

一方で日本ではトランシーバーが使われるようになったのは戦後のことで米軍が使用していた携帯型のトランシーバーの影響で、トランシーバーといえば携帯して持ち運びが出来る近距離での使用を前提とした無線機を意味しています。

据え置き型で送受信が可能なものは、単に無線機と呼ばれます。日本では電波の使用割当が決まっているのでその周波数帯に対応した無線機はそれぞれの目的に合わせて「防災無線」や「タクシー無線」などと称されます。

無線を使用する場合にはその電波の出力に応じて、免許や許可が必要ですが日本でのトランシーバーはそれらが不要で誰でも使えるものを指しています。

このため使用できる距離が500メートル程度の範囲になります。なお中距離で利用できるものもありますが手続きが必要です。

トランシーバーの購入とレンタルの選択肢

トランシーバーを手に入れる方法は購入とレンタルの2つの選択肢があります。

購入はわかりやすいもので、実際にトランシーバー販売を行っているお店やインターネットのサイトで販売しているところで購入できます。

また専門にトランシーバー販売を行っているところでは、たいていはレンタルも行っています。

借りるメリットは、必要な時だけ利用できるということで、メンテナンスもお店がしてくれます

このため期間を区切って使用するのであれば借りた方がお得ですが、レンタルですので購入するのと比べて頻繁にレンタルし続けると費用が多く掛かります。

一方で日常的にトランシーバーを使うような場合には、購入した方が費用も抑えられるメリットがあります。

レンタルと異なりすぐに使用することができますし、利用を延長したいと思った時でも費用が発生しません。

それに使い慣れた機器であれば操作を覚える必要もありません。

購入する際にはトランシーバー販売サイトを利用すれば、家電量販店などで購入するよりも安く手に入れることができます。

トランシーバー販売サイトを利用すべき人は?

トランシーバーを用意しておくメリットのある業種は、離れた場所の人と連絡を取りやすくすることが必要な業種です。

このような業種としては一定の広さのある会場で連絡を取り合う人や建築土木などの現場などが考えられます。

また携帯電話の使うことができないエリアで利用する場合なども想定され、山間部や無人島などで作業する場合や船に乗って沖合で作業する必要がある場合などは、トランシーバーのような無線機は必須アイテムです。

トランシーバー販売サイトは、はじめての購入から導入したい機種がわかっている場合などあらゆるニーズに応えることができます。

特にはじめての場合には無線に関する知識が必要です。

売られているトランシーバーの多くは免許や届け出の不要な近距離で使用できるものですが、届け出が必要な中距離の場合には申請する手続きも必要ですから、その点でもトランシーバー販売サイトは強みがあります。

届け出が必要な場合には代理で申請書類を作ってくれますから、簡単にトランシーバーを導入することができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧