特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

トランシーバーはイヤホンマイクと一緒に購入した方がいい?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/09

仕事で携帯無線機使う機会は実はとても増えており、トランシーバー販売を手掛ける業者さんはとても多いです。

その中で一つ一つの商品を比較していくと、イヤホンマイクと一緒に購入したほうが値段が安くなることがあるでしょう。

また、イヤホンがあると雑音の多い場所でもクリアな音声で会話ができるようになります。

 

利用用途に応じてオプション品を買っておく

無線機を使って意志の疎通をすることで業務内容を円滑にしたり、情報を迅速確実に伝えることはときとして仕事の効率に関係します。最近の無線機は小型化が進み、携帯性に優れているためレストランや結婚式場のスタッフがポケットに入れておけるサイズになりました。これにイヤホンを取り付けると、ほとんど目立たず雑音に邪魔されることなく会話ができます。

トランシーバー販売を手掛ける多くのメーカーさんでは、電池のもちが良いことや通話音質の良さ、防水仕様などさまざまな面をPRしており、価格も全体的に安く設定されています。それぞれを比較してみれば商品ごとに長所があり、使える用途がそれぞれにあることがわかります。

イヤホンマイクをオプション品として最初から買っておくと、大きな会場で声が聞こえにくい場合でもクリアな音声を聞き取ることができ、必要な情報を聞き逃すこともありません。イベント会場からレストランまで、無線機の需要はかなり広く存在しており、免許がなくても利用できることもあって大変な人気があります。

 

メーカーや販売しているお店を比べる

海外を中心にしてトランシーバー販売を手掛ける業者さんが日本で商品を売ることも珍しくなくなりました。国内業者さんももちろん優秀な製品を多数販売していますが、あえて海外の業者さんを加えて比較してみるのも悪くありません。

イヤホンマイクもそれぞれのメーカーさんが作るオリジナルのものが付属品として購入可能です。国内と海外ではサポートスタイルも違い、壊れたり調子が悪いときにはサポートデスクに連絡することでしっかりと対応してもらうことができます。

これもメーカーさんによって対応が異なりますが、ほぼすべてのメーカーさんで誠意ある対応がおこなわれています。携帯型無線機を新たに購入する際には、メーカーさんのサポートも視野に入れ、今後長く使うことを想定して購入を検討しましょう。

オプション品であるマイクやカバーなども、まとめて購入すると安くなることがあります。警備会社などで数をそろえなくてはならない場合は、積極的にサービスを用いて安くて良い買い物をしましょう。

 

どれくらいの台数を一度に使うか考える

イベントの規模、レストランスタッフの数など使う人と使われる場所などの関係により、どれくらいの台数をそろえるかはだいぶ変わってきます。トランシーバー販売の業者さんのサイトで商品を比較するとき、ついでにどんな場面で無線機が使われているのか、その台数はおおよそどれくらいなのかを調べておくと後々便利です。

サイトによってはイヤホンマイクを使ったときと使わなかったときの状況比べを詳細に掲載してくれていたり、製品によってかなり声の聞こえやすさや電池のもちが違うことなどもしっかりと出してくれます。

個人で無線機を使う機会はさほど多くないですが、山登りやキャンプなど携帯電話の電波が届かない場所に行くときは無線が重要な連絡手段になります。

メーカーさんや販売業者さんのサイトでは、無線機を一度にどれだけつなげてどのくらいの人が一度に話ができるのかデータを出しているところもあります。商品を買う前にそれら商品情報を調べておくと、自分の用途に合った商品を見つけやすくなるでしょう。

 

海外でも国内でもトランシーバー販売を手掛ける業者さんは増えています。今はたくさんのメーカーさんもありますし、それぞれの長所短所を比較してみると、自分にとって最適な商品が何かわかるでしょう。

イヤホンマイクなどのオプション品もそれぞれの商品に付属する形で売られているので、好みで買うのも良し、性能を見て買うのも良いです。どんな物を買うにせよ、自分でメーカーさんなり販売店のサイトを調べ、情報を得て納得したうえで購入すべきでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧