特定小電力トランシーバーやイヤホンマイクの購入におすすめ!人気の販売サイト5選を比較紹介します!

違法トランシーバーの見分け方を知ろう

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/26

トランシーバー販売サイトはたくさんありますが、比較検討するときに気を付けたいのが、違法トランシーバーではないかを確認することです。

トランシーバーは法律を守って使う意識が必要であり、知らないで使うと罰せられますので、見分け方を紹介します。

違法なトランシーバーを使うと罰せられる

トランシーバー販売店からトランシーバーを購入するときに気を付けたいのが、違法なトランシーバーではないかを確認することです。見分けるためには、いくつか知っておくべきポイントがあります。

まず出力についてですが、あまりにも出力が高いものは、使ってはいけないものである可能性が高いです。ひっかかりやすいのが海外規格で製造されたトランシーバーで、中には日本国内で使うと違法になる無線機というものが存在します。

日本国内で使用するためには、当然日本の電波法という法律を遵守する必要があります。電波法は公共財産である電波を公平かつ安全に使用するために定められたもので、テレビやラジオ、携帯電話などの音声通信はすべて電波法を守っています。

これ以外にも医療機器のほか、警察や消防の通信にも電波は欠かせないものですから、法律を守らない人が勝手に電波を使うと、大変な問題が起こる可能性が高いのです。トラブルにならないよう日本国内で使用できるトランシーバーは、あらかじめ規格が定められています。

もし違反した場合、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金刑となり、公共電波を阻害した場合は「重要無線通信妨害罪」で5年以下の懲役又は250万円以下の罰金となります。

どうやって見分ければ良いか解説

正しいトランシーバーの選び方は「技適マーク」がついているかどうかを確認することです。適切な知識を身につけていれば適法なのか違法なのか確かめることはできますが、一番簡単なのがマークを確認する方法です。

技適マークというのは、円と電波が一筆書きのように描かれた丸い囲いの中に、アンテナのマークが入っているデザインです。あまり注目したことはないかもしれませんが、日本国内で使用されている電子機器にはつけられていますので、身の回りを探してみてください。スマートフォンにもつけられています。

技適マークを取得するためには電波法に則した方法で製造される必要があり、このマークがあれば国内では安心して使用することができるようになっています。対面販売式のトランシーバー販売店なら、実機を確認するときに自分の目で技適マークを確認できますし、店員もきちんと提示をしてくれるでしょう。

注意したいのはインターネットで購入する場合で、隅から隅まで確認することが難しいため、ほかの方法でも確認が必要です。チェックしたいのは無線機のライセンス情報で、電波法に適合した製品であるかどうかはどこかに掲示があるはずです。

見つからない場合は、日本国内での使用が認められている製品かどうか、技適マークがどこについているか、購入前にメールなどで質問し、相手から証拠を取ることが重要です。

違法とされるトランシーバーの機能を解説

それではどういった点が違法になるのか解説しましょう。一番大きな要因は、先にも触れましたが出力と周波数です。

日本だけでなく各国には周波数帯の割り当てが決められていて、そこは認可された人以外は使えない法律になっているのが一般的です。先ほど海外製のものが違法となりやすいことを紹介しましたが、海外製品の多くは日本のラジオや業務無線の割り当てにかぶることが多く使用できません。

また、出力が大きすぎるとほかの無線に影響するリスクが高くなるため、出力の大きいものは有資格者のみが扱えることになっています。無資格で使える合法の最大出力は5Wですが、海外製品の中には20Wや50Wなどの高出力が平気であるので、規制対象となっています。

ちなみに無線の資格は「無線従事者資格」と言い、総務省が管轄しています。資格は使用範囲や用途で細分化されていて、資格によって使える機器が異なります。トランシーバーなど無線機に関するルールや法律は複雑な点も多いので、不明点を確認する意味も含めて信頼できる店舗から購入することが大切です。

 

トランシーバーの中には日本国内で使用すると違法となるものがあります。見分ける一番簡単な方法は「技適マーク」がついているかどうかを確認することです。ただ細かなルールや法律、資格もありますので、不明点をクリアにする意味でも信頼できる店舗から購入しましょう。

もし知らずに使用してしまった場合でも、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金刑がありますので、知らなかったでは済まされません。是非購入前にしっかり注意してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トランシーバー・イヤホンマイク販売サイトランキング!
記事一覧